save_post にフックした関数内で setup_postdata を使おうとしてちょっとつまづいた件

WordPress ロゴ

テンプレートで出力される内容を $post->post_content に入れる ショップというカスタム投稿タイプを作って、このショップの投稿では店名や住所などをカスタムフィールドで入力して、それら情報のみをページ … “save_post にフックした関数内で setup_postdata を使おうとしてちょっとつまづいた件”の続きを読む

WordPress の月別アーカイブウィジェットの表示件数などカスタマイズ

WordPress ロゴ

WordPress の管理画面の「外観>ウィジェット」でサイドバーなどに追加できる月別アーカイブのウィジェット。この管理画面のウィジェットのところで指定できるのは以下のように、ドロップダウン表示にするか、投稿件数を表示す … “WordPress の月別アーカイブウィジェットの表示件数などカスタマイズ”の続きを読む

WordPress のカテゴリー選択。子カテゴリーを開閉式にしてすっきりさせる

やりたいこと WordPress のカテゴリーが増えてくると、ずらずらっとカテゴリーが並び、カテゴリーを選ぶのもちょっと億劫になることがある。カテゴリー階層が第1階層の場合はそれほどでも無いけど、子カテゴリーが増えた場合 … “WordPress のカテゴリー選択。子カテゴリーを開閉式にしてすっきりさせる”の続きを読む

YouTube Data API でサーバの IP アドレスを許可したのに、ちょっとつまづいた件

YouTube ロゴ

API キーの設定で、 IP アドレスをちゃんと入れたのに… さくらの VPS で借りてる開発用サーバで YouTube Data API を使って YouTube 動画の情報を取得しようと、playlist_id と … “YouTube Data API でサーバの IP アドレスを許可したのに、ちょっとつまづいた件”の続きを読む

WordPress の投稿一覧ページで表示件数を変更するときは pre_get_posts を使う

ワードプレス ロゴ

先日、WordPress で投稿者アーカイブなど不要なページを 404 にする記事を書いたときに pre_get_posts が出てきたので、自分の復習も兼て pre_get_posts について簡単にまとめてみた。 ま … “WordPress の投稿一覧ページで表示件数を変更するときは pre_get_posts を使う”の続きを読む

WordPress で特定のページを 404 にする方法 ~ pre_get_posts を使う

ワードプレス ロゴ

WordPress でサイト作っていると、不要なページが出てくる。たとえば企業サイトなどを作る場合、投稿者アーカイブとかは要らない。あっても良い場合でもわざわざ投稿者アーカイブのために色々作業するのが面倒な場合、もう無し … “WordPress で特定のページを 404 にする方法 ~ pre_get_posts を使う”の続きを読む

「ます」が升記号に! ~ WordPress のスターターテーマ「Bones」もしくは「Template」を使うときの注意

Sass を知ったのは Bones って WordPress のスターターテーマ 先日、Sass について簡単にまとめた記事を書いたが、そもそも私が Sass ってのを知ったきっかけは Bones っていう WordPr … “「ます」が升記号に! ~ WordPress のスターターテーマ「Bones」もしくは「Template」を使うときの注意”の続きを読む

WordPress の固定ページにも抜粋を入力できるようにする方法

WordPress の固定ページには「抜粋」の入力欄が無い。 まあ固定ページだから、最新記事とかに表示するわけではないから、不要といえば不要だけど、この前、固定ページでも「抜粋」を利用したいケースがありました。 その場合 … “WordPress の固定ページにも抜粋を入力できるようにする方法”の続きを読む

WordPress 4.4 で無くなってしまった短縮URLボタンを復活させる方法

functions.php に以下を追加 add_filter( ‘get_shortlink’, ‘my_get_shortlink’ ); function my_get_shortlink( $shortlink … “WordPress 4.4 で無くなってしまった短縮URLボタンを復活させる方法”の続きを読む

WordPress の現在時間は date i18n() か current_time() を使う

PHP で現在時間を取得するには date() を使うということだけど、WordPress では GMT で返ってくるので、9時間の差が生まれてしまう。 date_i18n() を使うということだった。。 UNIXタイム … “WordPress の現在時間は date i18n() か current_time() を使う”の続きを読む